機種紹介

マルチコプター(ドローン)は複数のプロペラとGPSコンパス・3軸ジャイロという二つの先端技術により、水平安定飛行を可能にし、実機ヘリでの空撮では不可能な高度である100m以下での撮影を実現します。

カメラを搭載するジンバル部は機体のフライトコンピューターからリアルタイムに、誤差±0.02度という精度で機体の傾きや揺れ・振動といった3軸の移動データを受け取り、その逆位相の信号を同時にジンバル部の3軸に配置されたダイレクトモーターに伝えます。
この一連の高度な処理により数年前までは実機ヘリのウェスカム(防振装置)等でなければ出来なかった、非常に安定した空中撮影が可能になりました。

機体は大型機:Freefly社 ALTA・DJI社 S1000、小型機:DJI インスパイアー1・ファントム3/4 を用意。

ALTAは主に動画用で、ジンバル「MōVI M10」を載せRED等各種大型4kカメラを搭載し、ズーム・フォーカス・アイリスを地上からフルコントロール出来ます。
S1000は主に5060万画素のキャノンEOS5DsやEOS5DmkⅣを載せ、RAW撮影による高品位の印刷・広告用写真に向いております。

小型機DJI社インスパイアー1はソニー製4k対応専用小型カメラを搭載し、小型機ながらも大型機と同じ、2オペ(操縦士・カメラマンの二人体制)が出来る画期的な機体です。搭載カメラもソニーらしく非常に鮮明でビビットな描写です。スチール(写真)モードでは1200万画素JPEG/PNGで撮影可能です。

小型機ファントム4はご存知DJI社製の1オペ専用機で、非常に安定した操縦性とカメラ性能を持っており、インスパイアー1と同等性能のカメラを装備、また前方障害物検知センサーを備え、万が一の衝突を自動回避してくれます。

詳細は各機種紹介のページをご覧下さい。